青山学院大学文学部 比較芸術学科

青山学院大学文学部 比較芸術学科

インタビュー

学生4人にインタビュー

[参加メンバー] ※写真上段右から
司会 : 三浦哲哉(本学科准教授 映画研究)
【美  術】日本・東洋美術専攻〔出光(樋口)ゼミ〕 3年 山田 葵
【演劇映像】日本古典芸能ほか専攻〔佐藤(光延)ゼミ〕 3年 中野 智博
※写真下段右から
【演劇映像】西洋演劇専攻〔佐久間ゼミ〕 3年 伊藤 真穂
【音  楽】西洋音楽専攻〔広瀬ゼミ〕 3年 鳥井田詩乃


この学科を選んだ理由
三浦
今日はよろしくお願いします。まずはみなさんが比較芸術学科を選んだ理由を教えてください。
伊藤
高校3年間は、ダンス部で表現活動をしていました。全国大会にも出たのですが、舞台の上で踊っていると、ふと観ている側と“感動を共有している”と思う瞬間があり、それがどういうことなのかということを考えていました。大学では、高校生の頃にダンスを通して体感した「感動」とは何かということを、学問として追究してみたいと思っていました。そしてなにげなく青山学院大学のオープンキャンパスに行って模擬授業を受けたときに、「感動」を言葉で表現することはなんて面白いことなのだろうと感じました。ここでは様々な芸術分野を勉強できるということが分かり、自分の言葉を磨いていきたいと思いました。

中野
私は小・中学校と、美術の創作をしており、音楽や歌舞伎なども好きでした。これらを一緒に勉強できる比較芸術学科がとても魅力的でした。
山田
私も多様な芸術分野を、総合大学のなかで学べることが、選んだ理由です。
鳥井田
小さい頃からピアノを習っており、以前は音高、音大に進学しようとも思っていました。いろいろ考えましたが、演奏よりも理論的な音楽学を学びたい思い、そしてどうせやるならば広い視点を持てるところがいいと思ったため、総合大学の比較芸術学科を受験しました。

この学科での学び
三浦
表現活動を通して得た芸術への興味がきっかけという方が多いのですね。入ってみていかがでしたか。
鳥井田
歴史的観点や社会学的観点からもそれぞれの芸術を見ていくので、知識や理解がとても広がったし、深まったなと思います。
伊藤
1年生のとき、おもに「比較芸術学入門」の授業で、今まで触れてこなかった美術や音楽などのジャンルを勉強できたことが収穫でした。先生方の講義を聞いて、普通なら「感動」と一言で言ってしまうようなところでも、さまざまな表現の仕方がありうるということを学べました。また、この環境にいると、みんな同じ目的を持っている仲間ばかりなので、一緒に演劇を観に行ったり映画を観に行って、鑑賞後に討論するということを日々できるようになったことが本当に大きいです。
山田
「感動した」、「綺麗だ」、「不快だ」といった様々な感情や感覚の根拠は何にあるのか。それを作品に即して論理的な言葉で説明する力が鍛えられますよね。また、作品を見るときには、その見方というものがあるのだと学びました。例えば、出光先生の日本美術の授業では絵巻を扱うのですが、当時の人々は肩幅に開いて引っ張って、巻き取りながら、読み進めていたということを教わります。それからみんなで複製を回覧して、実際に手を動かしながら右から左へ視線を動かす楽しみを味わいました。

三浦
この学科に入ると、実際に芸術作品に触れて、五感をフルに使って理解を深めるということを授業内外で実践してもらうことになりますが、とくに印象的だったことはありますか?
鳥井田
1年生の時に鑑賞した「バッハ・コレギウム・ジャパンレクチャーコンサート」ですね。公演の前に音楽学の那須先生の解説があり、さらに講演のときに指揮者である鈴木雅明さんの解説があったので、両方を比べつつ音楽を聴くことができたのですが、とても貴重な機会でした。
伊藤
佐久間ゼミでは、観劇会が月に1回必ずあります。歌舞伎俳優の中村歌昇さんや、劇団四季の俳優さんなど、実際に舞台で活躍されている方が授業に来てくださることがあり、貴重なお話を聞くことができました。
山田
課題でインパクトがあったのは、映画の授業で課された『ハッピーアワー』という5時間17分の作品のレポートです。そもそも映画を見るとはどういうことか、という問いを突きつけられるような作品で、そのことを自分の頭で考えるようにと、課題を出してくださっているのだろうと感じました。
三浦
3年生になると、少人数のゼミに入って、自分の関心に沿った、より専門的な勉強に入りますが、みなさんのゼミでの学習について教えてください。
鳥井田
音楽ゼミで行っていることは、大体3種類に分けられます。ひとつが学生のゼミ発表。もうひとつが和声などの音楽理論の実践課題。そして理論を踏まえた上での楽曲分析です。この分析に関しては、学生で討論のような形で進行することが多いです。
伊藤
佐久間ゼミでは観劇会が月に1回必ずあり、今月は2回あります。先生のご紹介で役者の方々と話をする機会も多くあって、とても刺激を受けています。ゼミとは別の授業ですが、先日、中村歌昇さんが授業に来てくださったときも、役者さんの感覚の部分を知ることができました。
山田
出光ゼミでは頻繁に美術館に行きます。学芸員の方に実際に説明していただきながら鑑賞できます。

卒業後にしたいこと
三浦
比較芸術学科での学びを生かして、卒業後はどんなことをしたいですか。
中野
芸術関係の仕事がしたいと思っています。理想は研究職です。
伊藤
演劇に関わる仕事がしたいです。とくに制作に関わりたいですね。
山田
他学部・他学科の分野と同じように芸術もとても深い学問なので、4年間で終わるにはあまりにも短すぎるなと思います。勉強は頑張ってきたつもりですが、今の知識で社会に何を還元できるかを考えると自分は未熟だと思ってしまいます。できることならば、もっと勉強を続けて自分が社会で何ができるかを見出していけたらと思います。
鳥井田
いまドイツ・ロマン派のメンデルスゾーンについて勉強しているのですが、大学院へ進学して研究をつづけたいです。

受験生へのメッセージ
三浦
これから受験する方へのメッセージやアドバイスをお願いします。
鳥井田
外国語の勉強をやっておくと、入ってからいろいろな文献に触れられるので良いと思います。
伊藤
自分が触れてこなかった分野でも、初歩的なところから勉強できるので、心配しなくても大丈夫です。
山田
高校で世界史を選択していた人が、日本領域に進むということもよくあります。授業についていけないということはないので、安心してください。
三浦
最後に、この学科についてのみなさんなりのおすすめポイントを教えてください。
山田
いい意味で個性的な人が多い。自分なりの関心を持っているというだけでなく、他人の価値観をすんなり受け入れることのできるひとがたくさんいて、だから同級生と芸術の話を自然にできる雰囲気があります。
伊藤
人数が少ないので、いろいろな人と身近に知り合えると思います。他のゼミの学生とも交流があるので、芸術についての知識や情報が入ってきます。先生との距離も近いので、疑問点があればすぐに質問できます。
中野
多様な興味をもった学生が集まっていて、新しい価値観を見出せる場所。楽しく学べます。
三浦
楽しく学べる、という声は本当によく聞くし、この学科の最大の長所かもしれないですね。本日はありがとうございました。