青山学院大学文学部 比較芸術学科

青山学院大学文学部 比較芸術学科

インタビュー

学生4人にインタビュー

[参加メンバー] ※写真左から
【演劇映像】〔佐久間ゼミ〕 3年 二宮 香織/一般(聖心女子学院高等科)
【美  術】〔水野ゼミ〕  3年 川野 彩果/一般(東京都立立川国際中等教育学校)
【演劇映像】〔佐藤ゼミ〕  3年 寺島 佳歩/一般(東京女学館高等学校)
【音  楽】〔広瀬ゼミ〕  3年 小野寺真美/一般(常盤木学園高等学校)
司会 : 三浦哲哉(本学科教員)

三浦
本日はよろしくお願いします。まず、みなさんがこの学科に入りたいと思ったきっかけや動機について教えてください。
小野寺
私は音楽科高校の出身で、最初は音大に進学しようと思っていたんですけど、やはり広い視野で音楽を勉強できる環境のほうが良いなと思って、総合大学の芸術学科を志そうと思いました。この学科は音楽だけでなく美術とか、演劇とか、そういう面からも勉強できるのがすごく良いなと思って。
寺島
当初、文学部系の学科で歴史か文学を勉強したいなと思って大学を探していたら、この学科のパンフレットに出会ったのがきっかけです。高校時代はピアノをやっていて、絵を描くことも好きだったので、ここには全てある!と思って志望しました。振り返ってみれば、当時やりたかった歴史や文学もちゃんと勉強できていると思います。

川野
もともと美術が好きなんですけれども、同時に世界の文化にも興味があって。で、美術に限定してしまうのではなく、幅広い文化、特に芸術方面を勉強できるところってどこだろうと探して、ここを第一志望にしました。
二宮
昔からイラストレーターになりたいと思ってきました。でもいかんせん好きなものが多いものですから、絵を描く以外にも神話、文化、星座とか、色々なものをつまみ食いしたいなと思ったときに、ここが一番楽しそうだなと思って。
三浦
いまは演劇のゼミで勉強してますよね?
二宮
そうなんです。いまもイラストレーターを目指していますが、演劇からはヒントをいろいろともらってます。衣装、物語、世界観、演出の仕方。それらを画面上に生かせることも多いので、相互に影響し合ってる感じですね。
三浦
では次に、入ってみてどうだったかということをお聞きします。授業やカリキュラム、学科の雰囲気はどうでしたか?
小野寺
良かったなと思うのは、1年生の必修科目でいろいろな分野を広く勉強したことですね。日本の音楽とか、それまで興味がなかった演劇分野を勉強して、視野がすごく広がりました。あとは学生数が少ないからか、先生との距離が近い。勉強でここがわからないとか、研究でこういうことに興味があるんですけど、というお話をすぐにできるのがありがたいと思う点です。
二宮
そうそう。演劇の佐久間先生は、観劇によく学生を連れていってくださるんですが、先生とも学生同士でも話すようになるし、すぐに打ち解けますよね。あと大学の立地が良い。
川野
授業が終わってからでも美術館に行ったりとか、劇場に足を運ぶのも時間的に大丈夫だし。自主的に勉強しやすい環境です。
寺島
「体験」を重視した授業が多くて、オーケストラを聞きに行ったりとか、茶道体験とか、そういう機会があったのはとても良かった。個人的には、歌舞伎俳優の中村橋之助さんが実際に教室に来て下さって、一緒に台詞を読んだりもしたんですけど、ものすごく新鮮でした。今まで舞台と客席を隔てていたものが一気になくなったような、生身の人間の姿を見たような感じですね。
二宮
学科の雰囲気は、すごく柔らかい。お互いの変な無意識で作る壁みたいなものがないな、というか。
川野
好きなものを尊重し合える関係があって良いと思います。個性的な人が多い。いろんなこだわりを持っている方が多い気がしますね。
小野寺
変なことをやっている人を変だなと思わずに見れる人たち。
二宮
あと「比芸室」(共同研究室)が楽しい。学生が誰でも入れるサロンみたいな空間なんですが、先輩も後輩も一緒になってお弁当食べたり本読んだり、ネット使ってお勉強したりできます。そこでいろんな先輩と知り合ったりもしました。

三浦
三年生になると、「ゼミ」に入ってより専門的な勉強をすることになりますが、皆さんはゼミでどういうことをしていますか?
小野寺
西洋音楽の広瀬ゼミでは、学生の発表と、全体での楽曲分析、音楽理論についての勉強をしています。学生主体なので、自由で楽しいです。
寺島
佐藤ゼミは、今年はまず歌舞伎と狂言というテーマに絞って、日本の演劇をいろんな角度から見てみようということで、原書講読をして各自発表をしています。また、江戸時代の歌舞伎の舞台の仕掛けについて、くずし字を使った文献も読んでいます。結構苦戦するんですが、4年生が一生懸命私たち3年生をフォローしてくださいます。
川野
私は西洋美術の水野ゼミなんですけれど、だいたい学生の発表中心で、それぞれ興味のある分野を自主的に調べて、それをまとめてみんなの前で発表して、という形で進みます。何か困った、となったら先生と先輩が助けてくださるという雰囲気のゼミです。
二宮
演劇の佐久間ゼミでは、ゼミ全体でひとつの劇に向けて色々と研究するということが多くて、そうでないときは先生の書かれた本をみんなで読んで議論をしたりします。6月末にも劇団四季の「エクウス」を観に行くので、昔作られた映画を見たりとか、作品の背景を勉強したりなどしています。
川野
ゼミに入ってから、学生同士で研究内容について話す機会がすごくたくさん増えたなと思います。プライベートの時間でも、今こういうことについて調べているけどどう思うとか、そういう会話を自然とするようになって、ますます芸術の勉強が面白くなっていると感じます。
三浦
この学科に入って、当初やりたいと思っていたことはできましたか?
二宮
昔から好きだったアートの世界にこれだけどっぷり浸かった期間はないし、これからもそうないと思うので、私にとっては人生ですごくいい、濃い時間を過ごしているなと思います。
川野
満足度で言ったら120%くらい、いやもっと150%や200%くらい楽しんでいるなと。私は入学する前からアルフォンス・ミュシャという画家が好きだったんですけど、今その画家について研究して、当初自分が思っていたよりもより深く、どっぷりその世界に浸かりつつ研究できていると思うので、すごく幸せです。
寺島
実は入る前は、美術と西洋音楽が好きだったんですけど、授業を色々と受けていくうちに自分の視野がみるみる広がっていって。それくらい比較芸術学科の授業は面白いので、違う方面を見ていても、振り向かせてくれるんじゃないかなあと思います。
小野寺
大学に入る前からずっと音楽を続けてきましたが、大学でその興味がどんどん具体的になって、将来もやっぱりこの道を進みたいという強い意識が出てきました。改めて自分の思いを確認できる場だったなと思うので、とても満足しています。
三浦
最後に受験生へのメッセージや、心構えにについての助言などがあれば。
寺島
私は日本史専攻でずっときたので、世界史の知識が全然足りてないんです。そうすると西洋美術とか西洋音楽の勉強をしたときにわからない、となることがよくあるので、やはり専攻していないほうの知識をある程度つけておいた方がいいなと思いました。
川野
私は西洋美術を学んでいるんですけど、日本の研究者の方たちがまだあまり研究できていない分野を調べてみたいなと思うときがあるので、そういうときに英語はできた方が良いなって強く思うことがあります。英語はやっておいたほうが良いと思います。
三浦
では、みなさんのようにこの学科で生き生きと勉強してくださる方にまた入学してもらえることを期待しつつ、座談会を終了したいと思います。ありがとうございました。