青山学院大学文学部 比較芸術学科

青山学院大学文学部 比較芸術学科

コース紹介

  • 美術
  • 音楽
  • 演劇映像

 



Fine Art 美術

美のタイム・トラベルへの誘い
美術と他の芸術との違いはどこにあるでしょうか?
洞窟壁画にしても、ギリシア彫刻にしても、飛鳥時代や奈良時代の仏像にしても、経年による外見の変化こそあれ、「もの」として今も存在し続けており、観る者の心に直接訴えてきます。
その美しさに見とれていると「時の隔たり」を忘れてしまうほどです。
しかし美術作品にはもう一つの重要な側面があります。
どんな作品であれ「時代の鏡」であり、それを生み出した社会のありかたを反映しているのです。
たとえば市民階級が成熟して美術の主な受容者に成長した17世紀のオランダでは親しみやすい分野である風景画、風俗画、静物画が独立して流行し、同じく町民層の富に支えられた江戸時代の日本でも庶民的美術の華である浮世絵が大発展を遂げました。
さらに美術作品は「美術それ自体の歴史」にも深く組み込まれています。
古典古代の格言「自然は芸術の師」に倣って表現すれば「美術こそが美術の師」であり、一見どれほど独創的に見えようとも、美術作品というものは、程度の差こそあれ、過去に生みだされた偉大な作品の伝統に連なっているからです。
作品の真の理解には、美術の伝統を知ることが不可欠なのです。
このコースでは「時代に規定されている」と同時に「時代を超越した存在」でもある美術作品の本質を、さまざまなアプローチを通じて総合的に理解してもらうことを目指します。

美術

西洋美術

絵画を中心にして、西洋美術における主な素材と技法、ギリシア神話やキリスト教に関連した主な主題と図像、描写対象による絵画の分類およびその序列の歴史、今日ではとかく「非実用的なもの」の代表格とみなされがちな美術作品が担ってきた各種の実用的機能、「芸術家」のイメージの変遷などさまざまな問題について考えます。

日本・東洋美術

原始時代から今日まで、日本や東洋にはさまざまな形の美術が生み出されてきました。日本美術では縄文~近現代の美術の様式変遷とその歴史的背景を振り返ります。東洋美術では日本美術と関係の深いもの―仏教美術や水墨画、工芸ほか―に焦点をあて、その理解を深めるとともに、日本美術との比較を通して互いの特色を考えます。

カリキュラム 授業メニューの一例

西洋の文芸と美術A
ギリシア神話や聖書から20世紀までの古典的テクストと美術との対比により、その共通点と相違点を学びます。
日本・東洋の文芸と美術A
室町~江戸時代の美術と関連する日本や中国の文芸作品をとりあげ、その具体的関係について学びます。
基礎演習Ⅰ
西洋美術の専門用語を身につけ、それらの根底にあるそれぞれの時代の価値観を学びます。
芸術鑑賞の方法Ⅰ
「何が表され、それが何を意味しているか」を探る図像学(イコノロジー)の基礎を学びます。
美術


Message

浅井 和春
浅井 和春
東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。日本・東洋の仏教美術、とくに仏像彫刻を中心に仏画や工芸の歴史、さらには東南アジアのヒンドゥー教美術の歴史を研究。日本近代美術史にも関心をもつ。著書に『名宝日本の美術7 唐招提寺』(小学館)、『日本美術全集4 東大寺と平城京』(共著、講談社)、『世界大美術全集 東洋編12 東南アジア』(共著、小学館)、『日本の美術382 不空羂索観音と准胝観音』(至文堂)、『日本の美術456 天平の美術』(至文堂)、『日本美術全集3 東大寺・正倉院と興福寺』(編著、小学館)ほか。近年の論考としては「東大寺盧舎那大仏造立覚書」(『佛教藝術』295、2007)、「明治仏像模刻論」(『國華』1400、2012)など。1979年より東京国立博物館に勤務、1992年に同館法隆寺宝物室長。1994年から現職。
浅井 和春

日本古代~中世の彫刻(仏像・神像・肖像)を中心に、中国・朝鮮・東南アジアの美術(石窟美術・石造彫刻・金銅仏・工芸品)などを研究しています。最近、仏像がさまざまな年代の人びとの間でブームとなっていますが、神社・仏閣に縁の薄い若者たちが関心をもつのは良いことだと思っています。あの抹香臭く妙にキンキラしたお寺や七五三等でにぎわう派手な色合いの神社の雰囲気は、専門家の私でももう一つ馴染めませんが、そこに古くから伝えられた仏像や神像が祀られているだけで、ホッとするのも事実です。何故でしょうか?
どうも、いにしえの仏像・神像の姿には、それを護り伝えた人びとの思いがなんらかの形で投影されているようです。幸運にも今日まで伝えられた美術品の数々には、その色や形のどこかに、それを作り大切にしてきた人びとの心模様が「具体的な姿」で止められているのです。作品を静かに見つめ、それが作られた当時の、またそれを継承してきた各時代の人びとの心模様を探し求めること、それが美術史の基本的な課題といえましょう。その探索は、皆さんの前に立ちはだかるさまざまな困難を切り抜ける智慧を身につけることとも無縁ではないでしょう。いま私は、日本やアジアの美術の歴史を振りかえるなかで、皆さんのその探索の旅路にささやかなナビゲーションができればと考えています。
浅井 和春

髙橋 達史
髙橋 達史
1975年東京大学文学部卒業。アムステルダム大学美術史研究所で学んだ後、東京大学助手、東京経済大学専任講師、助教授を経て1996年より青山学院大学文学部教授。本来の専門は17世紀のオランダ絵画と風俗画の歴史ですが、関心が拡大する一方で困っています。そういう事情で準専門分野は15~16世紀のネーデルラント絵画と写本彩飾、印刷聖書挿絵および連作聖書版画の歴史、印刷時祷書を筆頭とする書物史。

私は大学の文学部に5年在籍しました。留年したせいですが、専攻決定まで1年多く猶予期間があったことが結果的に非常に幸いしました。西洋美術史はそれまで念頭になく、美術は音楽、演劇に比べて自分には縁の薄い分野だと思い込んでいたからです。
幼少時からのピアノで素質の差を痛感しましたし、大学時代はテレビ局でギャグやコントを書いていましたが、 才能の限界は明白でした。自分の強みがどこにあるかと考えると好奇心と雑学以外は見当たらなかった。あらゆる視覚的情報に満ちた絵画なら、雑知識の豊富さが生きるかもしれないと思ったのです。日本絵画史の素晴らしい講義を受けて西洋偏重の価値観の見直しを迫られたのが逆に最後の決め手になりました。
造形言語の理解には実は長い時間がかかります。一朝一夕にはいきません。しかし絵画はほかにも多種多様なアプローチに対して開かれた存在です。本当に優れた芸術は来る者を拒みません。
この学科を目指す皆さんには、ぜひとも芸術の全領域に関心を注ぎ続けて欲しいと切に願っています。そして東西の双方に目を向けて欲しいと。贅沢な注文ですが。

水野 千依
水野 千依
京都大学大学院文学研究科美学美術史学専攻博士後期課程単位取得退学、フィレンツェ大学、日本学術振興会特別研究員、京都造形芸術大学教授を経て、2015年より現職。博士(人間・環境学)。専門は、イタリア中・近世美術史・芸術理論。主著・共著に、『カラヴァッジョ鑑』(人文書院、2001年)、『イメージの地層』(名古屋大学出版会、2011年)、『キリストの顔』(筑摩書房、2014年)、主な訳書に、ディディ=ユベルマン『残存するイメージ』(人文書院、2005年)など。『イメージの地層』で、第34回サントリー学芸賞、第1回フォスコ・マライーニ賞、他受賞。

西洋の美術、なかでも中世からルネサンスにかけてのイタリア美術史を専門に研究しています。
美術作品というと、私たちはまず「美しいもの」として鑑賞する対象だと考えがちです。しかし、Artという言葉が「美術」を意味するようになったのは近代以降のことで、古くは「技芸」をさしていました。現在、美術館に収められ、鑑賞対象として眺められている作品の多くは、かつては崇拝対象だったり、神への捧げ物だったり、呪術力や奇跡力など、美的価値にとどまらない力をそなえ、見るものに、崇敬、畏怖、祈願、呪詛、魅惑…といった多様な感情をかき立ててきました。私は、こうした近代以前の造形物を、伝統的な美術史学の手法で理解するとともに、それらがかつて人々の生活のなかでいかに息づき、いかに受容されていたのかを、歴史人類学的視座から考え直したいと思っています。それぞれの時代がいかにイメージを生きてきたのかを問うことは、同時に、何を「美」としたのかを理解することにもつながります。西洋美術の歴史を辿りながら、イメージと人間が取り結ぶ豊かな関係を一緒に考えていくことができれば幸いです。

出光 佐千子
出光 佐千子
慶應義塾大学文学部美学美術史分野(日本美術史)博士課程修了。博士(美学)。専門は日本絵画史。研究テーマは、江戸時代の水墨画の巨匠・池大雅の風景画をめぐる詩と画の鑑賞サークル。現在は、大雅が憧れた室町水墨画や、近代南画(小杉放菴)、人々の暮らしを描いた風俗画にまで関心が広がる。著書に『大雅・蕪村・玉堂と仙厓―「笑」のこころ』(出光美術館、2011年)、『祭―遊楽・祭礼・名所』(出光美術館、2012年)、共著に『風俗絵画の文化学』Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(思文閣出版、2009年、2012年、2014年)。

水墨画と聞くと、地味で好きになれないと感じてしまう人もいるかもしれませんが、実際にはモノクロームほど、様々な光や音を伴った豊かな色彩表現はありません。ぜひ寺社や美術館など心静かになれる環境で、水墨で描かれた山水や花鳥と、じっくり向き合ってみてください。墨の濃淡を見慣れてくれば、山々は清らかな深緑や紅葉に変わり、川のせせらぎや花鳥の旋律も聴こえてくるはず。
抽象的だからこそ自由な鑑賞をゆるす水墨画の世界は、古来、詩文や名筆を生み出し、それらは時代を超えて画に添えられて一緒に鑑賞されてきました。授業では画と詩の鑑賞を通じて、名画は過去のものではなく、現代に生き続けているという感動を味わいます。海外の舞台で活躍できる人になるためにも、屏風や絵巻などに日本美術のユニークな感性を皆様と再発見してゆきたく思います。


Music 音楽

音楽
知の源泉を訪ねる旅に出よう
人はなぜ、ある音と音との組み合わせに快を感じるのでしょう。
傑作はどうして万人を感動させるのでしょう。
古今の名曲はいったいどういう仕組みになっているのか、なぜそのような作品が生み出されたのか、どんな社会だったのか……。
ありとあらゆる音楽が溢れ、しかしメロディもコードも出尽くして、世代を越えた傑作の誕生が行き詰まっている今こそ、過去一千年の風雪に耐えた古典に立ち返る時です─グレゴリオ聖歌、パレストリーナ、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、チャイコフスキー、ヴァーグナー、ストラヴィンスキー、そしてビートルズ……。
古典の真価に触れた経験は、あなたの人生にとってかけがえのない魂の糧となり宝となるでしょう。
音の美の探求は、中世からヨーロッパの大学で営まれてきた由緒ある学問です。
知の源泉を訪ねる旅に出ようではありませんか。

音楽

西洋音楽

古代ギリシアから現代にいたる西洋音楽について、名曲を学ぶことはもちろん、政治・宗教や他の芸術との関係、音楽理論や楽譜の変遷、音楽家という職業、楽器とその演奏法、楽譜出版・演奏会、録音技術の影響など、多角的な視点から考えることにより、音楽芸術についての幅広い知識と鋭い洞察力を養うことをめざします。

日本・東洋音楽

日本や東洋には様々な楽器や歌による音楽、仮面舞踏や音楽劇のような他の芸術と関連した多種多様な音楽があります。これらを理解し、その音楽を生み出した人々の美意識や社会的背景、各楽器や楽譜などの伝承方法と現代への変化の過程などを比較・検証することで、人間と音楽の関係を考え、豊かな感性を養うことを目指します。

カリキュラム 授業メニューの一例

西洋の文芸と音楽A
古代から現代にいたる西洋音楽の歴史を広い視野でたどります。
日本・東洋の文芸と音楽A
アジア諸民族の音楽との比較を通じて日本人の感性をさぐります。
基礎演習Ⅱ
音楽研究に必要な理論や調査法の基本を学びます。
原書講読Ⅱ
英語で書かれた音楽文献を読む力を養います。
芸術鑑賞の方法Ⅱ
西洋音楽や日本伝統音楽の古い楽譜の解読や演奏を試みます。
比較芸術学特講Ⅱ
オペラ、ベートーヴェン、伝統芸能などテーマを特化した講義をおこないます。
音楽


Message

那須 輝彦
那須 輝彦
立教大学大学院文学研究科博士後期課程退学、ケンブリッジ大学大学院修士課程修了(Master of Philosophy)。中世からバロック時代にかけての音楽、とくにイギリスの教会音楽史と中世の音楽理論を専攻。最近の著作に、『ヘンリ8世の迷宮~イギリスのルネサンス君主』(共著、昭和堂、2012年)、『15のテーマで学ぶ中世ヨーロッパ史』(共著、ミネルヴァ書房、2013年)など。青山学院大学聖歌隊指揮者も務める。

中世ルネサンス~バロック時代の音楽を研究しています。中世の音楽理論などと聞くと、遥か昔の難解きわまる話に聞こえるでしょう。でもじつは西洋音楽の根本を考えるということなのです。たとえばピアノの白鍵と黒鍵はどうしてああいう並び方をしているのか、ドレミの階名は誰がどうして考えたのか、音の高さやリズムを書き表すためにヨーロッパ人はどのような工夫を重ねてきたか……。当時の人々の立場に立ってその思考経路を追体験するのはとてもスリリングなことです。もちろん当時の音楽作品も素晴らしい。吟遊詩人が綴った愛の歌、ゴシック大聖堂に響いていた絢爛豪華なア・カペラの教会音楽、宮廷舞踏会を彩った典雅な舞曲……。みなさんにとって未知の傑作がどれほどあることでしょう。過去千年におよぶ音楽の宝庫に足を踏み入れ、感動し、名作がどのように作られたのか、誰によってどのように演奏されていたのか、音楽の知の探求にでかけようではありませんか!
那須 輝彦
那須 輝彦 那須 輝彦

広瀬 大介
広瀬 大介
国際基督教大学大学院比較文化研究科・博士前期課程修了。一橋大学大学院言語社会研究科・博士後期課程修了。博士(学術)。19世紀後半~20世紀前半の西洋音楽、とくにドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのオペラ作品を中心に研究活動を行う。著書に『リヒャルト・シュトラウス 自画像としてのオペラ』(アルテスパブリッシング、2009年)等。訳書にベルリオーズ、シュトラウス『管弦楽法』(音楽之友社、2006年)等。

21世紀という時代を迎えたいまなお、名曲として親しまれている西洋音楽。我々日本人は「クラシック音楽」という名のもとに、その音楽をさまざまな生活の場面で楽しんでいます。しかし、数百年前に作曲された異国の音楽が、時を超え、場所を越え、世界中で親しまれるようになったのは何故なのでしょうか。「音楽学」とは、その作品が生まれた社会的・政治的・文化的背景を踏まえつつ、音楽そのものへと切り込み、作品の魅力を探る学問です。作曲家が生み出した美しい旋律の背後には、数多くの工夫と試行錯誤が隠れています。その秘密の一端を知るだけでも、皆さんの音楽の聴き方はその瞬間から劇的に変わることでしょう。交響曲、室内楽曲、オペラなど、西洋音楽の世界には、一生をかけても聴ききれないほどの、さまざまな名作が満ちあふれています。そんな音楽に触れ、その素晴らしさを貪欲に吸収する意欲に溢れた皆さんと、青山の地でお目にかかれるのを愉しみにしています。


Performing and Visual Arts 演劇映像

演劇映像
「ほんもの」を鑑賞し、芸術の目利きをめざす
演劇映像の領域では、演劇と映像という総合芸術の鑑賞・研究を通して、芸術の真価やその人生における意味を見きわめる目を養うことを目的とします。
現代の社会を生きる私たちの周囲には、生の舞台芸術はもちろんのこと、映画やテレビのようにメディアを利用した劇的芸術が氾濫しています。
そうした演劇や映像の芸術をよりよく理解し、またそこから深い感動を味わうために、私たちは何をなすべきでしょうか?
演劇映像の名作に触れ、ほんものだけがもつ感動を味わうのが第一歩です。
そして、古典のテクストをじっくりと読み込み、たしかな知識と鑑賞力を育むことが肝要です。
演劇は人類の歴史とともに歩んできました。
舞台芸術、およびメディアを活用した映像芸術が成立するためには、多くの専門家が集い、各自の持てる力を十分に発揮することが不可欠です。
まさに総合芸術といわれる所以です。
総合芸術としての演劇映像には、多様な鑑賞と研究の方法がありえます。
古今東西の演劇映像の世界を、美術や音楽との比較を通じて学び、演劇映像が人類の文化や歴史において果たしてきた役割について考えていきましょう。

演劇映像

日本古典芸能

日本における芸能や演劇の歴史について学び、広い視野の上に立って、歌舞伎や能楽など各時代の事例を取り上げます。わが国には古来どのような芸能や演劇が存在してきたのでしょうか。また近代への移行期には、西洋文明や文化との出会いによって、日本の演劇はどのような変化をとげてきたのでしょうか。芸能と演劇の概念やその関係、また芸能の場や劇場形態、芸能者や俳優、観客などの諸問題を考えます。

西洋演劇

ヨーロッパの古代から現代まで2000年以上におよぶ西洋演劇の歴史を把握し、上演を前提としたテクスト(戯曲)の読解を行います。演出家、制作者、役者、舞台美術家、音楽家など演劇にたずさわる人々の仕事を学び、演劇に関するさまざまな視座を構築することを狙いとします。芝居が上演された時代や社会背景に留意しつつ、舞台芸術の本質を追究していきましょう。

映像・映画

無声からトーキー、白黒からカラー、フィルムからデジタルへと、たゆまなく過激な変化をとげてきた現代のメディアの世界を研究の対象とします。映像、音響、時間、編集、鑑賞環境といった諸テーマを設定しつつ、映像や映画を批判的に学ぶ眼力を養います。さらに、映像メディアの誕生と発展が、今日の社会におよぼした影響についても考究していきます。

カリキュラム 授業メニューの一例

西洋の文芸と演劇映像A
ヨーロッパの古代から現代へいたる劇場の歴史をたどり、演劇様式の変遷を学びます。
日本・東洋の文芸と演劇映像A
能・狂言、人形浄瑠璃や歌舞伎がどのように生まれ、発展したのかを追究します。
基礎演習Ⅲ
演技や演出の基礎を学び、舞台や映像の魅力を多角的に学びます。
芸術鑑賞の方法Ⅲ
歌舞伎役者や歌舞伎の舞台について学び、名舞台を鑑賞します。
演劇映像


Message

佐久間 康夫
佐久間 康夫
青山学院大学大学院文学研究科博士課程満期退学。ケンブリッジ大学研究員。西洋演劇・イギリス文化専攻。NHKラジオ「ものしり英語塾」でシェイクスピアの講座を担当。著訳書に『心に響け、シェイクスピア』(NHK出版)、『舞台を観る、読む、語る』(ほんのしろ)、『シェイクスピア 人生の名言』(KKベストセラーズ)、ロビン・メイ『世界演劇事典』(開文社)、ロブ・グレアム『演劇の世界』(ほんのしろ)など。

今日のネット社会では、情報はいとも足早に流通しています。教科書的な知識は簡単に受け渡しが可能になりました。しかし芸術によって与えられる感動となると、こればかりは「教える」ことがむずかしい。自分で本気になってつかみとる努力や勇気が大切です。
芸術作品に触れて感動を味わったとき、その度合いをデシベルとかマグニチュードといった数値で表すことはできません。ある舞台に感激して、その印象をただ「すごいよかった」と書き記しただけでは、他人とのコミュニケーションは成立しません。そのときもしもあなたの心がザワザワっと動いたなら、その気持ちをどうやって人に伝えることができるのか─この学科では、そうした芸術の感動を言葉で表現する方法を学んでいきましょう。また、大学で学ぶ4年間のうちに、ぜひ外国の文化にたいする興味を抱いて、ことばの感覚をとぎすませてほしいと思います。それは必ず自国の文化やことば、ひいては芸術全般を理解するうえで大きな助けになります。私自身、イギリスの文化や演劇と出会ったことは、人生が大きく変わるきっかけとなりました。
芸術を学ぶことを通して、自己実現の大きな夢に向かって挑戦してみませんか。
佐久間 康夫
佐久間 康夫

佐藤 かつら
佐藤 かつら
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。鶴見大学文学部専任講師、同大学准教授を経て2012年に青山学院大学文学部に着任。専門は日本芸能史、特に近世近代移行期の歌舞伎。著書に『歌舞伎の幕末・明治―小芝居の時代』(ぺりかん社、2010年)、共著に『円朝全集』第一・十・十二巻(岩波書店、2012年・2014年・2015年)等。新潟県生まれ。小さいころから祭礼の芸能を喜んで見物していたことが、今思えば、歌舞伎の研究をしている自分の原点となっています。

私は幕末明治期の歌舞伎、特に小芝居(こしばい)と呼ばれる、より大衆の身近にあった芝居に着目し研究しています。当時は歌舞伎においても大きな変革期で、歌舞伎と西洋文化との出会いと衝突など、とても面白い時代です。
研究者への一番の道しるべとなったのは、後に指導教員となる先生にお話をうかがいに行ったことです。本や研究動向など教えていただき、他の先生を紹介していただいたりもしました。多くの先生との出会いが今の自分に大きく影響しています。学生の皆さんには、授業以外にも積極的に先生と話すことをぜひお勧めします。何かしてもらうという受け身の態度ではなく、主体的な姿勢が必要ですが、得ることがたくさんあるはずです。
歌舞伎には、華やかさ、美しさ、人生の哀しみ、真心と、さまざまなものが詰まっています。皆さんに、歌舞伎ほか、日本の芸能の面白さや魅力、研究の楽しさと面白さを伝えられるよう、努力していきたいと思います。

三浦 哲哉
三浦 哲哉
東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。博士(学術)。専門はフランスおよびアメリカの映画表現論。著書に『映画とは何か――フランス映画思想史』(筑摩選書、2014年)、『サスペンス映画史』(みすず書房、2012年)、共著に『ひきずる映画』(フィルムアート社、2011年)、訳書に『ジム・ジャームッシュ・インタビューズ』(東邦出版、2006年)。

映画を見るって、よく考えるととても不思議なことです。知れば知るほどその思いは深まります。映画館は、外の世界の光と音を遮断する場所です。その中でいっとき、人工的に再現されたもうひとつの世界に身を委ねる。神秘的な「啓示」がそのとき降りてくるのだ、という論者もいます。それぐらい強烈に美しい映画が実際、世の中には存在します(ぜひ授業でご紹介したいです)。
ネット社会になって、いつでもどこでも好きなものを好きなだけ見られる時代になったといいますが、実際は、やはりとても限られた趣味嗜好や流行の範囲内で映像を楽しむという方が大半だと思います。それではあまりにもったいないと私は感じます。私たちの価値観そのものを揺さぶるような、そんな映像体験を分かち合えればと願っています。