青山学院大学文学部 比較芸術学科

青山学院大学文学部 比較芸術学科

大学院

大学院 文学研究科 比較芸術学専攻

本専攻は、急激に変化しつつある今日の国際社会や地球環境のなかで、社会や自然と芸術との関係、および芸術がこれまでの人間の歴史や社会に果たした役割などを改めて考えることを基本としています。したがって、芸術系諸学との相互関係はもとより、歴史や哲学、文学をはじめとする人文科学系諸学とのそれをも踏まえながら深く掘り下げ、研究することがその目的です。
本専攻で取り上げる領域は学部段階(本学文学部比較芸術学科)と同じく、芸術系諸学のなかでも中心的かつ古典的な研究の蓄積をもつ美術史学、音楽学、演劇映像学の諸分野であり、志望する学生は、各自希望する領域の基礎的学力を備えていることが前提となります。そして、入学後はその基礎のうえに立ってそれぞれ専門分野の研究に入りますが、そこでは常に上記の他領域に関心のまなざしを向け、それらとの比較をつうじた専門的な視野が要求されるでしょう。
授業は、実作品の鑑賞研究を中心に、文献史料の読解力を蓄える原典講読や論文執筆のための文章力を鍛えるレポート作成、そしてプレゼンテーション能力を高める課題発表などで構成されています。博士前期課程では、そのそれぞれについて学部段階よりはいっそうの充実が求められ、成果を修士論文としてまとめることとなり、また同後期課程では、学会発表や学術誌への投稿を経て、博士論文の作成が最終の目的となります。これらの研究過程で、専門分野における社会貢献や就職の道もひらかれることでしょう。
比較芸術学専攻 博士前期課程
  授業科目
基礎科目 比較芸術学研究法Ⅰ、Ⅱ 比較人文学研究法Ⅰ、Ⅱ
専門科目 日本・東洋美術史( 1 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋美術史( 2 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋美術史( 3 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 1 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 2 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 3 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋美術史( 1 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋美術史( 2 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋美術史( 3 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 1 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 2 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 3 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋音楽史研究Ⅰ、Ⅱ
西洋音楽史( 1 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
西洋音楽史( 2 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋音楽史演習Ⅰ、Ⅱ
西洋音楽史( 1 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
西洋音楽史( 2 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
日本芸能論研究Ⅰ、Ⅱ
西洋演劇論研究Ⅰ、Ⅱ
映像文化論( 1 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
映像文化論( 2 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本芸能論演習Ⅰ、Ⅱ
西洋演劇論演習Ⅰ、Ⅱ
映像文化論( 1 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
映像文化論( 2 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
研究指導 研究指導演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ

学生インタビュー

比較芸術学専攻 博士前期課程2年 朴 炫京
比較芸術学専攻
博士前期課程2年

朴 炫京さん

 私が大学院に進学したきっかけは、学部時代に観たウェス・アンダーソンの映画『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)に遡ります。もともと幼い頃からファッションが好きだったこともあり、彼の作り出す世界観に夢中になりました。そこから、何故私はこの作品に感動させられたのか、彼の世界観の何が私をここまで惹きつけたのだろう。そんな思いから、大学3年生のとき、映画専攻に進みました。映画は総合芸術と言われるように、まさに比較、検討していくことで新たな魅力が生まれる領域だと思っています。その中でも私が特に関心をもったのが映画衣装、つまり映画とファッションの関係で、現在は主に20世紀のハリウッド映画を対象として、当時のモードと衣装の関係やそれを纏うスターが生み出す効果を研究しています。自分の好きなことを追求できる喜びと共に、指導教授や諸先生方、ゼミ生たちと議論する中で、自分の視点がある修士論文を完成させるのが今の目標です。