青山学院大学文学部 比較芸術学科

青山学院大学文学部 比較芸術学科

大学院

大学院 文学研究科 比較芸術学専攻

本専攻は、急激に変化しつつある今日の国際社会や地球環境のなかで、社会や自然と芸術との関係、および芸術がこれまでの人間の歴史や社会に果たした役割などを改めて考えることを基本としています。したがって、芸術系諸学との相互関係はもとより、歴史や哲学、文学をはじめとする人文科学系諸学とのそれをも踏まえながら深く掘り下げ、研究することがその目的です。
本専攻で取り上げる領域は学部段階(本学文学部比較芸術学科)と同じく、芸術系諸学のなかでも中心的かつ古典的な研究の蓄積をもつ美術史学、音楽学、演劇映像学の諸分野であり、志望する学生は、各自希望する領域の基礎的学力を備えていることが前提となります。そして、入学後はその基礎のうえに立ってそれぞれ専門分野の研究に入りますが、そこでは常に上記の他領域に関心のまなざしを向け、それらとの比較をつうじた専門的な視野が要求されるでしょう。
授業は、実作品の鑑賞研究を中心に、文献史料の読解力を蓄える原典講読や論文執筆のための文章力を鍛えるレポート作成、そしてプレゼンテーション能力を高める課題発表などで構成されています。博士前期課程では、そのそれぞれについて学部段階よりはいっそうの充実が求められ、成果を修士論文としてまとめることとなり、また同後期課程では、学会発表や学術誌への投稿を経て、博士論文の作成が最終の目的となります。これらの研究過程で、専門分野における社会貢献や就職の道もひらかれることでしょう。
比較芸術学専攻 博士前期課程
  授業科目
基礎科目 比較芸術学研究法Ⅰ、Ⅱ 比較人文学研究法Ⅰ、Ⅱ
専門科目 日本・東洋美術史( 1 ) 研究Ⅰ、Ⅱ 日本・東洋美術史( 2 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋美術史( 3 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 1 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 2 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 3 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋美術史( 1 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋美術史( 2 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋美術史( 3 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 1 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 2 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
西洋美術史( 3 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋音楽史研究Ⅰ、Ⅱ
西洋音楽史( 1 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
西洋音楽史( 2 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本・東洋音楽史演習Ⅰ、Ⅱ
西洋音楽史( 1 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
西洋音楽史( 2 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
日本芸能論研究Ⅰ、Ⅱ
西洋演劇論研究Ⅰ、Ⅱ
映像文化論( 1 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
映像文化論( 2 ) 研究Ⅰ、Ⅱ
日本芸能論演習Ⅰ、Ⅱ
西洋演劇論演習Ⅰ、Ⅱ
映像文化論( 1 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
映像文化論( 2 ) 演習Ⅰ、Ⅱ
研究指導 研究指導演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ

学生インタビュー

比較芸術学専攻 博士前期課程2年 本田 裕暉
比較芸術学専攻
博士前期課程2年

本田 裕暉さん

 私が比較芸術学科に入学したきっかけは、高校のオーケストラ部で演奏したドヴォルザークの《交響曲第9番「新世界より」》でした。当時楽器の演奏がさほど得意ではなかった私は、演奏よりもむしろ「新世界」の録音を聴き比べることに熱中していました。そして、同曲のCDを30枚集めた頃から録音評を求めて音楽雑誌を手にするようになり、そこで広瀬先生の名前を見つけたのです。
 学部の4年間で芸術を「学ぶ」ことの面白さ、楽しさに魅了された私は、より深く、専門的に芸術を学びたいと考え、大学院への進学を決めました。現在は、来年没後100年を迎えるドイツの作曲家、マックス・ブルッフの作品について研究しています。日本ではまだ十分に知られていない楽曲の魅力を、研究と執筆を通して発信していくことが目標です。
 比較芸術学専攻の一番の魅力は非常勤の先生方も含め、幅広い領域の先生の指導を受けられること。加えて、キャンパスがホールや美術館、映画館へのアクセスが容易な立地にあることも、とても大きなメリットです。先生方のサポートと大学の好立地に恵まれ、日頃から芸術を身近に感じつつ、日々学びを深めています。